眠りと寝起き

人生をより良くしようとちょっと調べると潜在意識という言葉が出てきます。
願望実現とか、思いを実現するにも潜在意識がキーワードだったりします。

意識を自覚できる顕在意識と自覚できない潜在意識に分けると、90%以上は潜在意識。

そして、潜在意識が現実を創っているという話です。

ですから、潜在意識にどういう現実を持っているかによって現実が決まるということです。
いつもネガティブなことばかり考えていると潜在意識もネガティブワールド全開になるのでしょうね。
だから、ポジティブ思考が大事だと言われるわけですね。

でも、ネガティブな現実を創ってしまった状態からポジティブに考えることって、なかなか難しそうです。
だって現実がネガティブなわけですから、そのネガティブな現実を目の当たりにした状態でポジティブに考えるのは、なかなかハードルが高そうです。

ですが、効率的に潜在意識を書き換えるタイミングがあるようです。

それは、寝る前と寝起きです。

きっと、顕在意識と潜在意識がグラデーション的に混ざっているような時なんでしょうね。

で、寝る前と寝起きに現実にしたいイメージをすると、それが潜在意識に書き込まれやすいようです。
いいイメージで一日を終えて、いいイメージで一日をスタートするのって大切なんですね。

そして、どのくらいで潜在意識が書き換えるかというと、4週間くらいだそうです。
毎日良き未来をイメージしながら眠りについて、迎えたい現実をイメージしながら起きると、ドンドン現実が素晴らしい世界になって行くかもしれません。

関連記事一覧

PAGE TOP