捨て石

捨て石

(意味)
捨て石とは、現在すぐに効果はないが、将来役に立つことを予想してする行為や、その要因。犠牲。

(語源・由来)
捨て石は、元は囲碁用語で、後々の局面で自分の形成を有利にするため、わざと相手に取らせるように打つ石のこと。
そこから、さしあたって効果がなく無駄なように見えるが、将来役に立つことを予想して行うことを「捨て石」というようになった。
また、日本庭園で、風趣を添えるために所々に置かれた石も「捨て石」という。

〜語源由来辞典より〜

囲碁は打たないけれど、チャトランガでは、必ず捨て石にするコマを使うな〜

だって、一つのコマもやられないなんてあり得ないし。
犠牲になるコマがあるから、コマを突き進められるのだし、守りきることができるのだから。

これ人生も一緒だと思う。

関連記事一覧

PAGE TOP