当院の特徴

一般的な治療院では、症状を治すことを目的に施術されていることがほとんどだと思います。
当院も以前まではそうでした。症状があることを問題として捉え、その問題を解消するために整体・カイロ・気功の施術をしていました。

しかし、もう少し別の角度から見て、症状そのものは問題ではなく、単に体が訴えているメッセージであるとして捉えると、症状に対する見方が違ってきます。体が訴えているメッセージであれば、まずそのメッセージを本人が受け取る必要があります。そして、受け取ったあとどうするのか? そのようなサポートをするように方針をシフトしました。メッセージを出している体とあなたとの仲介役のようなものですね。

施術の技法としては、今までの整体・カイロプラクティック・気功に加えて、5行カラーオンサ・リフトアップセラピー・タッチフォーヘルスなど様々な手法を組み込んだ少し変わった施術・セッションを提供しています。

体が訴えている真のメッセージに気づいて、あなたの考え・感情・行動が変わったならば、この先の人生がそれまでのステージとは違ったものになることでしょう。当院ではそのためのサポートをしています。

からだの歪み ※スマートリンクセラピー

13512226_1027623427321410_5156411474923735791_n当院では、からだの歪みは万病のもとであると、考えています。
体が歪んだ状態では、首や肩や腰、脚の付け根や膝など、体のあちこちに部分的に負担がかかってしまい、コリや痛みの原因となってしまう場合があります。また、血液やリンパの流れが悪くなりがちだったり、脳から神経を介して伝わるはずの筋肉への伝達が上手く届かず、筋肉の働きが悪いために可動域が狭くなったり痛みが出たり・・・・・・。
そして、脳からの命令は筋肉だけに届けられているわけではありません。例えば、内臓も脳からの指令で機能しています。ですから脳からの命令が上手く内臓に伝わらなければ体の内側にも様々な症状が出てしまってもおかしくありません。さらに、歪んだカラダの状態は、精神面にも影響することがあります。

それではどのようにして身体の歪みを整えるのか?

当院では、からだの歪みに関わる骨格のバランスも脳がコントロールしていると考えています。
従いまして、一般的な整体やカイロに多い施術法(ボキボキしたり、強い力で圧したり、ひねったり伸ばしたり)によって、骨や筋肉にアプローチしても根本治療にはならないと考え、軽く触れる程度の施術で脳にアプローチして、骨格のバランスを司っている脳の働きを正すことで歪んだ身体を整えて、自然治癒力を高める整体をしています。

自律神経の調整

アプライドキネシオロジー自律神経という言葉はご存知かもしれませんが、どのような働きをしているの神経なのかご存知でしょうか?
いくつかの働きがありますが、その一つを少し説明させて頂きます。
実は、自律神経は脳から毛細血管につながっている神経で、脳からの指令を受けて毛細血管をコントロールしています。どのようなコントロールかと言いますと毛細血管の幅を調整しているのです。

もう少し具体的に言いますと、自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、脳からの指令で切り替わるようにできています。
交感神経が働くと毛細血管の幅は狭くなり、そこに流れる血液の量は少なくなり、
副交感神経が働くと毛細血管が幅が広がり、そこに流れる血液の量は多くなります。

このようにして、人の身体は血液の流れる量を調整しているわけです。
そして、筋肉にしろ内臓にしろ皮膚・肌にしろ、修復するためには酸素や栄養が必要でそれを血液から受け取っています。ですから、必要なところに十分に血液が届けられないと、なかなか回復せず治らないということが起こってしまうわけです。
他にも自律神経の作用はありますが、これだけでも自律神経の乱れが身体に様々な症状をもたらすということがお分かり頂けるのではないでしょうか?

それではどのようにして自律神経の乱れを整えるのか?

当院では筋反射(キネシオロジー)を使って、自律神経の乱れを検査し、その大元の脳の働きを整えることで自然治癒力を高める整体をしています。

ストレス・ネガティブな感情を消し去り、本来の自分を取り戻す

ストレス処理身体に関すること、過去のトラウマ、心の悩みなど、抱えておられるストレスやネガティブな感情を手放しニュートラルな状態になるためのお手伝いをしています。ネガティブな感情を抱え込んだ渦中にいると、どうしても視野が狭くなりがちですし、その世界の外から客観的に物事を見たり考えたりすることが出来ないものです。ネガティブな感情を手放すことができ、ニュートラルな状態で今の状態を見て感じて考えることができたならば、次のステップへ進む新しい世界への道が開けるのです。

それではどのようにしてストレス・ネガティブな感情を消し去るのか?

当院では、ストレスやネガティブな感情を消し去るためのメニューがいくつかあります。
整体の枠を超え、都度その方に最適なメニューを説明・提案させて頂いています。

キネシオロジー ※フリースタイル・セッション

最初に私が学んだ治療法は、アプライドキネシオロジーというテクニックでした。アプライドキネシオロジーとは、カイロプラクティックの数あるテクニックの中の一つで、1964年にジョージ・グッドハートD.C.によって発表された身体機能の評価・治療システムです。海外ではカイロプラクターだけでなく医師や歯科医にも用いられているシステムで、機能低下に起因する健康障害を改善するトータルなヘルスケア手法として注目されています。
そして、アプライドキネシオロジーを一般家庭で使えるようにと簡単にまとめたテクニック「タッチ・フォー・ヘルス」を学びました。これは1973年にジョン・F・シー博士が、纏めたテクニックです。これからキネシオロジーは世界的に広がりを見せるようになったといいます。「筋肉反射テストを応用した治療法」は、身心の機能を運動学的な面(筋反射)から診断/評価するユニークなシステムです。キネシオロジーは東洋医学の考え方を内包しています。「経絡」や「気」の考え方にも近いものがあり、それはタッチ・フォー・ヘルスの中にも見出すことができます。キネシオロジーには波動医学的要素もあるので、伝わることを母体にした考え方や治療があります。

音叉 ※フリースタイル・セッション

13512226_1027623427321410_5156411474923735791_n人の体は約 60%が水でできており、特定の周波数の音波に対して共鳴を起こすことがわかっています。臓器によって共鳴する周波数は異なっており、胃は 110Hz、脳は 315.80Hz、腎 臓は 319.88Hz、肺は 220Hz、骨は 418.30Hz とされています。臓器や経絡の周波数に乱れがある場合、音叉を鳴らすことで、本来の状態に整えることができます。



リフトアップセラピー

性格や思考パターンと人相は連動しており、実は、人の顔にはその人の脳の使い方の癖、考え方の癖が表れています。
例えば、額(おでこ)の形には、前頭葉の細胞の量が表れます。前頭葉は人間だけが持つ脳の領域で、思考、運動、言語をを司っています。おでこの形の男女差を見ると、男性は頭頂に向かって斜めに後退している方が多く、女性は垂直な壁のように立ち上がる傾向があります。 これは、男性に比べて女性の前頭葉の細胞の量が多いことを意味しています。昔から、女性はコミュニティの中で育児を行ってきたため、より多くの人と関わり、多くの情報を処理する必 要があったためです。
人相と思考、性格パターンについては、古代中国、古代エジプトの時代から研究されています。現代では、脳科学と統計学を合わせて分析する学問領域を人相科学と呼んでいます。性格や思考が人相に表れるということは、逆に顔が変わると思考のパターンが変わるということです。下がった顔を上げることで、慢性的に陥っている思考パターンから脱却するきっかけをつかむことができます。
人間はたいていの場合、右側と左側で印象が違います。これは右側は左脳を反映しており、左側は右脳を反映しているからです。右側が下がっているということは、論理的に思考できないことを表し、左側が下がっているということは、感情や直感を抑え込んでいるということです。
顔をリフトアップしてアンバランスを整えていくことで、思考と感情のバランスがとれるようになります。

PAGE TOP